ペットは大事な家族!ペットにも医療を

人間よりかかる?ペット医療の実態

 

人との生活の中で欠かせない存在の一つがペットの存在です。
犬猫を始め様々な動物を飼う事で傷ついた自分の心を癒したり、気分転換になったり元気を貰ったりする事も数多くありますし、事実、動物を心の癒しにする施設や喫茶店もマスコミに紹介されたりしており動物好きの方にはかけがえのない場所になっているようです。そういうペットの癒し効果や慰めについては報道されることは多いですが、ペットに掛かるお金に関する事やそれらを取り巻く厳しい実態等は意外な程知らされていない事が多いのです。

 

ペットと一括りにされてはいますが、動物も人間と同様に怪我もすれば病気もするという事を果たしてどれだけの人がわかっているのでしょうか。犬猫に限定して言うなら、伝染病等の予防接種も当然ありますし、子作りの季節に差し掛かった際の去勢に関する対処も考えなくてはなりません。
飼い主はペット医療に関して単にお金だけではなく、飼っている動物そのものの命に対する全ての責任を負わなくてはならない義務が発生するのです。
言うまでもない事ではありますが、ペットは文字通り人間ではありませんので健康保険と言うものは当然存在しません。ですから、飼っている動物が怪我や病気をした場合、当然動物病院に駆け込む事に成る訳ですが、その際のペット医療にかかる医療費は当然の事ながら全額飼い主持ちです。

 

もし心無い飼い主が「見た目が可愛いから」とか「何となく」等と言う上面で軽い気持ちで生き物を飼っている場合、病気になったりした際には本当に容赦なく捨てたりする実態が数多く見受けられておりそれは未だに後を絶ちません。
全てのペットを飼う人達がそうではない事を祈るのみですし、傷害保険会社でも「ペット保険」というものを取り扱う会社も増えてきました。これはペット医療にかかる飼い主の負担を軽減する意味合いも当然ありますが、かけがえのないペットの命を少しでも大事にしようという考えから発生しているものです。
従って、ペット医療として飼い主にかかる医療費が人間より高くなるのはこれは至極当然当たり前の事ですし、こういう実態をしっかり頭に入れた上でペットを飼う覚悟をしなければならないのですから、そういう覚悟がない人やペットは飼いたいけどペット医療費がかさむなら嫌だという人は動物を飼う資格はありませんし、ペットを飼うという選択肢を持つこと自体、動物全体に対する冒涜という気持ち位はせめて持って欲しいものです。

 

PICK UP

企業出版の幻冬舎メディアコンサルティング|ブランディング出版実績NO1
幻冬舎グループの企業出版(ブランディング出版)サービス。創業から培ってきた「つくる」「知らしめる」「売る」「引き寄せる」のベストセラー方程式で企業の課題を1冊で解決。

犬のケージを使い方次第で
小さいお子さんからの保護にストーブの囲いにも

クリニックの経営が行き詰る前にセミナーへ
今困っていないから…と先延ばしにして問題が大きくなる事も

ヒーリング
効果を体感した方が多い方法を